スポンサーリンク
イベント

ふたご座流星群2019福岡のおすすめ観測スポットは?方角と時間も!

12月の流星群といえば“ふたご座流星群”ですね。
「しぶんぎ座流星群」や「ペルセウス座流星群」と並んで三大流星群のひとつです。

静寂な夜に星のきらめきを楽しみたいですよね、心が落ち着きます・・

今日は「ふたご座流星群2019福岡のおすすめ観測スポットは?方角と時間も!」と題して福岡の観測スポットについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ふたご座流星群の見える時間は

国立天文台によると、2019年のふたご座流星群の極大は12月15日4時頃になると予想されています。
今年は、下弦前の明るい月が一晩中空を照らしているため、観察の条件は良くないようです。

見える方角は?

方角はどこからでも良い!
そうですが、月の光が邪魔をするので月と反対側の暗い空を見上げるのが良いようです!

ふたご座流星群の放射点は、上記画像のふたご座近くにあります。

左に明るい星が2つ、上下に並んでいるのが見えると思いますが、この画像ですと上になっている青く明るい星がカストルです。

そしてカストルの下にある白っぽく見える星がポルックスです。

カストルとポルックスは実際の夜空でも見つけやすい上、一晩中夜空にあるので放射点を探すのに苦労することはないですが、早い時間帯では放射点が低いので21:00以降を目安にすると良いでしょう。

流星群は放射点を中心に飛び出すように見えるものですが、実際はあらゆる方向から飛んでいます。

ですから空全体を眺めているのが一番流星を見つけやすいのです。

福岡の観測スポットは?

星の文化館 おすすめ1位

星の文化館は星野村にあって、プラネタリウムや望遠鏡が設置されている公開天文台です!

九州最大の100cm天体望遠鏡が設置されていて、はるかな宇宙の星の輝きを鮮やかにとらえることができます。
そしてこちらは宿泊施設完備していますので、タイミングが合えば宿泊できるかもしれません。
標高約400メートルの高台にあるので昼間は眺めが良く、また夜は街明かりの影響が少ないので天体観測するのにとってもおすすめな場所です!

宿泊施設の予約状況はこちら★

背振少年自然の家 おすすめ2位

背振少年自然の家は、福岡市の南西、脊振山の中腹で、周辺には金山、鬼ヶ鼻岩、蛤岳、九千部山などの山々が連なる、豊かな自然に恵まれたところにあり、自然とのふれあいを通して、こども達の豊かで、たくましい心身を育てることを目的としたこども育成施設です。
宿泊施設があり、自然と思い切り触れ合うことができます。
うちはまだ赤ちゃんがいるので、その子がもう少し大きくなったら家族みんなでここに宿泊することが楽しみです♡

ゆうまま
ゆうまま
天体観測イベントなどあっていて、予約の倍率が高いので早期に連絡してみることをおすすめします♡

皿倉山展望台

 

標高622mの高さを誇る展望台からは北九州市内を一望でき、天気の良い日は関門橋・下関市方面まで望むことができます。
夜景も同時に楽しみたいという方には良いかもしれません。

米の山展望台

皿倉山と双璧をなす夜景スポットです。
博多湾から福岡市内まで180度のパノラマ夜景が、視界を遮られることなく拡がります。
こちらも夜空と夜景とを同時に楽しみたい方にはおすすめです。
ただ、山道が危ないので安全第一で行ってきてくださいね!!

 

まとめ

今日は「ふたご座流星群2019福岡のおすすめ観測スポットは?方角と時間も!」と題してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

流星群観測におすすめな場所としては、

空気が澄んでいる

空全体を広く見渡せる

周囲に明かりが無い

が絶対条件ですので、星の文化館と背振少年自然の家がおすすめです!
今年の冬の特別な夜にたくさんの星をみることができると嬉しいですね♡
山頂の夜はとっても寒いので防寒を忘れないでくださいね!!
くれぐれも安全運転で、行ってきてください^^

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
smilenurse
夫と娘2人のママです。 田舎が大好きで、昔から“若年寄り”と言われていました。 音楽が好き特に好きなのは歌謡曲。 性格はマイペースですが好きなことにははまるタイプ! 一番ハマったのは夫♡ 夫に恋をして15年ちょっとですが、どんどん好きが増します♡ 主婦力をあげて、母としてこれからも家族を精一杯守りたいです♡
スポンサーリンク